電話占いフィールのミズキ先生の鑑定体験談 |電話占いの窓口

電話占いフィールのミズキ先生の鑑定体験談


今回の電話占い体験コーナーにご応募いただいたのは、横浜在住のユズキさん25歳。離婚経験のある子持ちの男性と交際中で、二人の将来について相談したいようです。

そしてユズキさんにご指名いただいた鑑定士は・・・「ミズキ」先生。
「心のスペシャリスト」と呼ばれるミズキ先生の鑑定法とは、いかなるものなのでしょうか?早くもユズキさんの鑑定が楽しみですね♪

ミズキ先生について

「心のスペシャリスト」と称されるミズキ先生は、霊感・霊視を用いて相談者や対象者の心を正確にリーディングし、互いの気持ちがどこにあるのか、すれ違っていないのか、確認をしながら、同時に波動修正で相談者を癒し、より正しい方向へと導いてくれます。
また、ミズキ先生はご自身のカウンセリング能力にも定評があり、ただ話をするだけで心が癒されるというユーザーも少なくありません。

複雑な恋愛事情を抱えるユズキさんの心をどのように癒し、導いてくのか・・・注目です!

ユズキさんのお悩み概要

現在恋人と同棲中のユズキさん(25歳)。普段は翻訳会社でアルバイトをしながら、家事や子育てに奮闘しています。そんな彼女の悩みは以下の通り。

 同棲中の恋人がいよいよ結婚を意識し始めた。
 恋人のお子さんを一緒に育てているが、現在はほぼ一方的に任されている。
 結婚後の生活に不安を抱き始めた。
 このまま結婚して良いのだろうか。


離婚する夫婦が増えている現在では、未婚者がバツイチの相手と結婚することはもはや珍しくありません。しかも、相手に子どもがいるというケースも多く、今後はこうした悩みも増えていくことでしょうね。

さて、ある意味現代の結婚問題を象徴するこちらの問題に、ミズキ先生がどう挑むのか。
その様子をさっそく見てみましょう!

ミズキ先生の鑑定の様子

はじめまして、ミズキです!

あ、はい、はじめまして。えっと、ユズキです。

ユズキちゃん?なんか似てるね。ミズキとユズキ。

え、あ、はい、そうですね(笑)。

電話占いは今日が初めて?

そうです・・・っていうか、占い自体が、初めてで・・・。

そうなんだ!それじゃあ緊張しちゃうよね!初めてか~・・・なんかこっちまで緊張しちゃう(笑)。

緊張します~(笑)。

じゃあ緊張してるもの同士、仲良くしましょうよ!ユズキちゃんってすっごい声が可愛いね。

え、そうですか・・・?

うん!私さ、アニメ声みたいのがあんまり好きじゃないんだけど(笑)、ユズキちゃんのは良いよね!モテる声だね!

そうかなぁ・・・アニメ声のほうがモテそうだけど。

変な男にね(笑)!ユズキちゃんっていくつ?

25です。

仕事はしてる?

えっと、フリーターですね。ネットで翻訳をする仕事なんですけど。

へぇ~。

あ、いや、私が翻訳してるわけじゃなくて、私はただ仲介をするだけなんですけど。

うんうん、なんとなく分かるよ。最近は何でもネットだもんね。まぁ、私もこうして「電話占い」やってるからね。最近は顔を合わせない仕事ばっかりだよね。

そうですね~。でも私は、あんまり顔を合わせての接客は得意じゃないから、こういう仕事のほうが楽なんですよ。

分かる、私も案外そうかも(笑)。じゃあ、ちょっと落ち着いたところで、本題に入りましょうか!今日は・・・う~ん・・・恋愛の悩みかな?

えっ!すごいっ!そうです!

やった、当たった(笑)!すごいでしょ?

すごいです、やっぱりわかるんですね!

ごめん、なんか恥ずかしい(笑)。

あ、すみません。でもほんとにすごい・・・。

ありがと!それで、どんな悩みなの?

はい・・・あの、私、いまお付き合いしてる人がいて。
そのひとは一回り年上なんですけど・・・その、バツイチで、お子さんと二人で暮らしてた人なんです。

うんうん。

それで、その人との今後というか、将来というか・・・たとえば結婚するのかとか、結婚したらうまくいくのか・・・とか。

うんうん、わかりました!ユズキちゃんの恋人との将来について、だね。ちなみに、今その人との関係はどんな感じ?

ん~・・・・・・・・・・・・・・・たぶん、うまくいってるんじゃないかな・・・・。

ずいぶん溜めたね(笑)。そこもちょっと悩んでるんだね。

う~ん・・・そう・・・なんでしょうね(笑)。

そっかそっか。ちなみに、その恋人さんは、どうして前の奥さんと別れちゃったのか、そういうのって知ってる?

あ、はい。どうも前の奥さんっていうのがかなりの浪費家だったらしくて、こっそり家のお金を使いこんだり、借金をしていたみたいで・・・。そういうのが原因で離婚したらしいです。けっこう離婚調停とか大変だったらしいんですけど、結局、あの、私の恋人がヨウスケさんっていうんですけど、ヨウスケさんが色々お金を工面して、それでなんとか別れられたらしくて。
でもさすがに子供を預けるのは心配だから、自分で引き取って育ててるみたいです。

そうなんだ。すごい奥さんだね。それに、ヨウスケさんはそういう意味では、けっこうお金に余裕はある感じなんだね。

ん~、余裕があるか分からないですけど、そうですね。一応部長職についてるので、給料は良いみたいです。

へぇ!若いのにすごいね。
そっかぁ。じゃあ、今度は二人の今の関係について聞かせもらえるかな。付き合い始めがゼロ、結婚が10だとすると、今どのくらいの場所にいると思う?

えっと・・・そうですね・・・たぶん7とか8とかだと思います。

おぉ!けっこう進展してるんだね。でも・・・というか、だからというか、その辺りのことでユズキちゃんは悩んでるんだ。

・・・はい、そうですね。

そっか。ちなみに、お子さんのことはどうしてるの?

子供はダイチくんっていって、まだ4歳なんですけど、たぶん仲良くやってます。あの、もう私たちは同棲していて、それで一緒に子育てしてるような感じですかね・・・。
分かってるかどうか微妙ですけど、一応、パパの恋人ということは伝えていて。ヨウスケさんのほうは、もうすぐママになるよって言っちゃってるんですけど・・・。

うんうん。三人で暮らしているっていう家は賃貸?

いや、ヨウスケさんの持ってるマンションです。前の結婚の時から住んでる家みたいで、そこに私が引っ越して、一緒に暮らしてます。

そっか。じゃあ、ユズキちゃんはコウスケさんと付き合うようになって、そのうちにヨウスケさんのマンションで同棲するようになって、今はヨウスケさんとダイチくんと3人で暮らしていると。
それで、結婚のほうはどんな風に考えてるのかな?とりあえずヨウスケさんは、もう結婚をする方向で考えてるんだよね。

そう・・・ですね。ヨウスケさんは前向きですね。

ユズキちゃんそうじゃないの?

う~ん・・・そうじゃないってわけじゃないんですけど・・・。
その、もちろん同棲を始める時は、ある程度覚悟してたんです。お子さんのいる人と同棲するってことは、真剣に再婚を考えてるんだなって。
でも、私はヨウスケさんが好きだったし、子供がいる人でも、きっとうまくやっていけるって思ってたところはあったので・・・。友達とか家族とか、周りの人には反対されたんですけどね・・・。それでも大丈夫って思ってたんですけど・・・。

うんうん。

ダイチ君もまだ小さいし、だったら、早いうちから慣れておけば、今後も一緒に暮らしやすいっていうのもありましたね。少なくともヨウスケさんはそんな風に考えてたし、私も、たしかにお母さんになるなら、早いほうが良いかなって。

そっか。でもいざ結婚が近づくと、不安になっちゃったとか・・・う~ん、違うか。ユズキちゃんはそういうタイプじゃないもんね。

そ、そうなんですか?

うん、もちろん多少マリッジブルーみたいのはあるだろうけどさ。そうじゃなくて、単純にヨウスケさん自体に不安があるんじゃないかって。

・・・・・う~ん・・・そうかも・・・(笑)。

うんうん。同棲して長く付き合うようになって、ヨウスケさんがだんだん変わってきちゃった?

そうですね・・・。とくに冷たくなったとか、優しくなくなったとか、そういうことじゃなくて。一応・・・仲は良いと思うんですけど・・・。

うんうん。

・・・ん~・・・。

たとえば、不満を一つ上げるとしたら、どうかな。

たとえば、不満を一つ上げるとしたら、どうかな。

二つ挙げた(笑)。

あ、そうでした(笑)。

いいよ、話しやすい方法で話してみて。

はい。えっと・・・同棲する前とか同棲してすぐのころは、ヨウスケさんもダイチくんのお世話を頑張ってて・・・もともとヨウスケさん一人だったから、当然といえば当然なんですけど・・・ちゃんと二人で面倒を見てたんです。私自身、子育てなんて初めてだし、しかも自分の子供じゃないから、かなり大変だったんですけど、でもヨウスケさんと二人だからなんとかなってたっていうか。

でも、最近は仕事が忙しいって言って、毎日帰りが遅いし、しょっちゅう飲み会に行ってて・・・。はじめのうちは、ヨウスケさんもいっぱい我慢してきただろうから、たまには息抜きしてきたらって私も言ってたんですけど。
最近は許可を求めるでもなく(笑)。

うんうん。子育てをユズキちゃんにばっかり任せるようになったんだ。

そうなんですよ。しかも、ヨウスケさんは釣りが趣味なんですけど、最近はまた釣りを始めだして、休みの日も出かけるんです。昔は三人で一緒にどこかに出かけてたんですけど、いまは友達と釣りに出かけるのが当たり前になってるし、たまに家にいてもゴロゴロしてるばかりで、私たちのことはほったらかしだし・・・。
しかも、私が出かけようとすると、誰と行くの、とか、男はいない?とか、妙に独占欲が強くて。

それがさっきの独占欲ね(笑)。それは・・・かなりストレスたまるね。

ストレスたまりますよ・・・だって・・・ほら・・・。

うんうん、自分の子供じゃないんだもんね。そりゃそうだよ。結婚してるならまだしも、現時点じゃそういう葛藤はあるよね。

そう・・・ですね。こういうこと言っちゃダメなんでしょうけど。ダイチくんは良い子だし、可愛いし、大好きですけど・・・。でも、ヨウスケさんのああいう態度を見てると・・・どうして私がこんなことしてるんだろうって・・・うわ~・・・こういうこと思ってる自分も嫌なんですよ~。

いやいや、ユズキちゃん。ユズキちゃんが優しくて責任感も強いのは分かるけど、その状況はさすがに疑問を抱くよ。だってユズキちゃんもバイトしながら、ちゃんとダイチくんの世話もするし、家のこともするし、保育園とかにだって連れて行ったりするんでしょ?

そうなんですよ。保育園の送り迎えとか、最初のうちはすごく恥ずかしかったんです。あれ、奥さんじゃない、みたいな目で見られるし、結婚してないのにこんなことするの、とか絶対思われてるだろうし・・・。

そうだよね・・・少なからずほかのママさんとも付き合わなきゃならないしね・・・。
好きでもない男のためによくそこまでやるよ。

えっ!!好きですよ、私!

あ、そうだった、ごめん!

好き~なんじゃない・・・?

あれ・・・好き~ですよね・・・?

え~先生!どういうことですか?

パニクってる(笑)。可愛いな、ユズキちゃんは。
いや、なんていうか、夫婦って必ずしも恋愛感情でつながってるものじゃないでしょ?っていうかそんな夫婦の方が珍しいよね。
別に恋愛感情なんてないけど、でも家族だから大切だし、まぁ感謝してるところもあるし、とりあえず一緒に頑張ろうよ、みたいな関係じゃない?
でも・・・ユズキちゃんはまだ結婚すらしてないんだよね。本当はそこまで尽くす義務もないのに、強い責任感のせいか、もしくは周りの人の反対を押し切って同棲しちゃったせいか、自分の気持ちを押し殺しているようにも見えるけど・・・どうかな?

ん~・・・(笑)。それを言われちゃうと、けっこうズシ~ンとくるかも(笑)。

ズシ~ンと来るよね(笑)。ユズキちゃんが悪いわけじゃないんだけどね。

なんか・・・たぶん・・・私は普通に恋愛して、普通に結婚したかったんですよね。たまたまバツイチで、子供のいる人を好きになっちゃっただけで。だから、その流れの中に子供がいても、別に何とかなるって思ってたんです。

うんうん。

でも、ヨウスケさんの様子を見ていると、この人はちょっと違うのかなって。この人的には、子供の世話をしてくれる人が欲しかっただけで、たまたま私と付き合って、私が子育てしてくれそうだから、このまま結婚しちゃおうかなって、そう考えてる気がして。恋愛感情と、自分の都合をごっちゃにしてるっていうか・・・。
私が・・・ものすごく都合のいい女になってる気がして・・・・っていうか、そうか、都合のいい女になってるかもって、気づいてたのかな~・・・う~ん・・・。

うんうん、もしかするとユズキちゃんのなかでは、自分がヨウスケさんにどう思われてるか気づいてたし、自分の中の恋愛感情が薄れていることにも、本当は気づいていたかもしれない?

そうかもしれないです・・・っていうか、そうですよね・・・。だから、そういうことに気づいてるのに、ずるずる関係を続けている自分も嫌だったんだと思います

うんうん。本当はこうしたいっていうのもあるんだ。

たぶん・・・もう嫌なんだと思います。離れたいんだと思います。
でも、不安なんです。

どういうことが不安?

ん~・・・・あ~・・・・経済的なことかも。フリーターだから、本当はこれから家庭に入るつもりだったのに、またフリーターに戻って、今後どうするのかなって、そういうこと考えてる気がします。

そっかそっか。本当は自立したいけど、自信が持てなかったんだね。

だって・・・25歳でフリーターって、ヤバくないですか・・・?

ごめん、ユズキちゃん・・・ユズキちゃんを否定するのは嫌だけど、これだけ言わせて。ぜんぜんヤバくないよ(笑)。フリーターでいても問題ないし、転職しようと思えばできるし、なにひとつヤバくない。

あ、そうなんだ(笑)。でも、やっぱり不安ですね・・・。

うんうん、不安はあるよね。でも、ユズキちゃんのなかで自立を求めてるっていうのはあるよね。ヨウスケさんとこのまま結婚するにしても、別れるにしても、またほかの人と付き合うにしても、絶対自立はしてなきゃいけないじゃない?経済的に自立してないと、やっぱり負い目に感じちゃうよね。そういうのが原因で無理して付き合うとか、別れられないとか、けっこう多いからさ。

そうですよね~・・・。そうか、私もそういう感じだったのかも・・・。

うんうん。もしかすると、今の仕事をもっと頑張ったり、正社員になってお金を稼げるようになれば、自信がついて、ヨウスケさんとのことも冷静に考えられるようになるかも。

そうですよね。うん、絶対にそうだと思う。
実は・・・今の会社から社員にならないかって打診されたことがあったんですよ・・・。
最初は子育てのこともあったから断ろうと思ってたんですけど、今は・・・受けてみたいかも・・・。

そうですよね。うん、絶対にそうだと思う。
実は・・・今の会社から社員にならないかって打診されたことがあったんですよ・・・。
最初は子育てのこともあったから断ろうと思ってたんですけど、今は・・・受けてみたいかも・・・。

そうですね!やってみます!ヤバイ、やる気出てきました!

出せ出せ(笑)!とにかく、無理しないでね。自分を犠牲にしなくても、世の中なとかなるものだから。

はい。自分をもっと大事にしようと思います!


鑑定のまとめ

いかがでしたでしょう?鑑定の様子を見ていると、どうもユズキさんは自分で話をしている間に、自分自身で答えを見つけたようにもみえますね。恐らくミズキ先生は、霊視でユズキさんの心を読み取りながら、波動修正で彼女の望む方向へと導いていったのだと思います。

しかもユズキさんの場合、誰かに言われたとおりにするのではなく、自分で考えて自分で決めているわけですから、もちろん納得もしているし、覚悟を持って前向きに取り組めるので、やる気もみなぎってきますよね。

ミズキ先生にはお見事というほかありません!

ユズキさんのように恋愛や人生について悩みを抱えているかたは、ぜひミズキ先生の鑑定を受けてみませんか?


ミズキ先生所属《電話占いフィール公式サイト》はこちら

『電話占い』サイト
おすすめランキング
1位

電話占いフィール

厳しい審査基準をクリアした確かな実力を持った占い師だけが所属しています。

公式サイトを見る

2位

フェリーチェ

電話占いフェリーチェは、創業9周年となる信頼と実績のある電話占いです。

公式サイトを見る

3位

ウィル

鑑定師と直接話しをせず、鑑定結果のみ音声で頂く事が出来る、業界初、独自のサービスです。

公式サイトを見る

カテゴリー

プロフィール

フェイスブックページを見る

人気の記事

最新の記事